WordPress

WordPressをアフリエイトのメインサイトに使っていて、気になるのが「ホスティングサービスによって全然表示速度が違う事」です。

もちろん、キャッシュ関係のプラグインは入れてますし、余計なタグは排除しています。

サイドバーのウィジェットも思い処理の物は使わないようにしています。

価格帯は同じで、ほぅてぃんぐコースに表示してあるスペックもさほど変わらないのにどうしてこんなに速度が違うのかなーと悩んでいましたが、WordPressレンタルサーバーのベンチマークテストのサイトに、搭載メモリや、享有サーバーのシェア数、同時接続数、ロードバランス処理などの設定の違いでかなりの差がある事がわかりました。

ようするに、スペック表ではわからない部分で最適化されているかどうかという問題なのです。

ランキングを見て見ると、自分の評価では転送量やサポートの面で無しだなと思っていたレンタルサーバーが、他のサーバーよりずっと実測のスピードが速かったり、最強だろうと思っていた大手サーバーがエラー連発だったりと驚きの結果でした。

アフィリエイトの場合、ストレスなくユーザーがページを辿っていき、自然と制約するような行程が非常に重要ですが、いちいち移動するたびに待機時間があるのではかなりの成約を逃してしまいます。

特に衝動買い系のアフィリの場合は、スピードが命と言えると思いますから、このベンチマークリストを知ることができて本当によかったなと思っています。