MOS資格はExpertを選ぶ!

私はこれまでMOS資格について全く聞いたことがありませんでした。

以前の会社では事務をしていましたが、パソコン関係の資格と言えば「パソコン検定」くらいのもので、それも別に取得しようと考えることもなく、ただ漠然と「普通にパソコンが使えればそれでいい」と思っていました。

しかし、その会社を退職し、次に同じような事務系の仕事を探そうと考えたとき、履歴書や面接等で単に「WordやExcelが使えます」と言うだけでは、全くその能力を証明することができないことに気付きました。

口では何とでも言えるからです。そこで、何か良い方法はないのかと調べたところ、MOS資格のことを知りました。

マイクロソフト社が認定する資格ということで、就職の際のアピールとしては最適だと考え、取得のための勉強を始めることにしましたが、実際のところ事務職として使用するのはWord、Excel程度です。これらは日常的に使っていたので、通信講座やテキストに頼らなくても大丈夫だと思いました。

それでも念のために一冊ずつ本を購入し、うろ覚えだった部分の強化に努めました。

それ以外にも取得しておけば有利だと思ったのはpowerpointです。
データ入力などにはあまり使いませんが、プレゼンテーション資料などを作るときに役に立ちます。powerpointには触ったことがなかったのですが、自宅のパソコンにもインストールされているので参考書片手に自分で動かしながら勉強しました。

out lookに関しては、ほとんど使う人のいないメールソフトですので取得する必要がないと思います。
一般事務であれば前者を使うことはほぼありませんし導入している企業事態が少ないからです。

後者は日常で使う以上の知識は求められません。MOS資格の勉強をするのであれば、Word、Excel、powerpointの3つを集中的に強化するのが良いと思います。

MOSにはその試験範囲によって、SpecialitとExpertがありますが、
MOS資格のブログで、「Specialitを受けてからExpertを受けるくらいなら初めからExpertを受けた方が絶対楽」とかいてあったのを見ていきなりExpertを受けて取得できました。

基本的にMOSは問題をひたすら解きまくるのが攻略法ですので、学習方法はほとんど変わらないというのがよくわかりました。