CDプレス

バンドをはじめて一つ目の目標は、まずは対バンでライブハウスデビュー。

次は、ピンでのライブ。

その次ときたらやはりインディーズでのアルバムCD作成だろう。

お金のないバンドマンが自費でCDをプレスするなら当然安い方が良い。

CDプレスにはスタンパーと言うCDにみぞを掘る型のようなモノを作って樹脂盤にプレスして量産するという工程がある。

PCで気軽にコピーできるCDRの場合は、特殊なインクで音信号の違いを作るため、物理的に盤に信号を彫り込むプレスとは構造的には違うものだ。

このスタンパーと言うのを日本の業者で作成するとなんとこれだけで30000円~50000円が掛かるから冷や汗ものだ。

これがアジア(特に台湾)あたりで作成すると200~300枚のプレス費用込で同等かそれより安い価格で済む。

バンドマンは音楽の為に赤字も平気だし、バイトで食いつなぐこともロックなところがあるが、やはり安いに越した事は無いだろう。

ただ、外国版の場合、通常盤面などに「Pressed in Taiwan」などの表記が必要な決まりなので、カッコつけのメンバーが居れば敬遠する事もあるという。

かといって国内プレスは高過ぎる。

このプレス表記問題と価格の両方の問題を解決したのが底値プレスと言うサービスだ。

印刷組み立てを国内で行う事によりこの表記をしなくても良いという抜け穴がある(CDプレスページ参照)。

また、最低50枚と言う超小ロットの完パケにも対応している国内最安最高峰のサービスだ。

ちなみに完パケとは、フロントカード+バックカード + プラケース + キャラメル包装 などもコミコミですぐに販売できる形を言う。

素人ミュージシャンウェルカムのサービスでCDデビューは目前だ。