固定ページ

参考書

私は大学へ進学するときに、数学科へ進みました。
ですからそこで数学の専門書を多く読む事になりました。
数学と言うと計算中心と言うイメージが強いかもしれません。
ですが、大学の数学の専門書は内容が全然違います。

まるで哲学のようです。最初のうちは途方に暮れてしまいました。

大学の数学のテキストで最初の壁となったのは集合の概念でした。
集合とは要素が集まっている物なのですが、その定義の仕方が難しく理解するまでにかなりの時間を要しました。

そして、2つの集合を見比べて共通の物を見つけ出し、それを数式の落とし込むという事も難しかったです。
と言うかいまだに良く分かりません。

大学の数学は、計算ではなく哲学でした。

ですからそのテキストを読もうとするとかなりの日本語の読解力が必要になりました。
まるで文学部のようでした。

最終的に落ち着くところはセンスなのかもしれません。

数学の参考書は、しっかり読もうとすると膨大な時間が必要になります。
そしてそれらを読み解いても、何に生かしたらいいのか頭を捻る事数時間。
でも、頭を悩ませて理解しようと奮闘することに意味があるのかもしれませんね。

その参考書やテキスト類は捨ててしまったのですが、先日、SNSで参考書の高価買取をしている情報 https://twitter.com/booksdream2011 を見て、かなり高く売れる事を知って、捨ててしまったことをかなり後悔しました。