外壁の色

外壁の色は家のイメージを左右する大きなポイントです。

洋服を変えるようにオシャレとして、また飽きたから色を変えるという人はなかなかいませんが雨による汚れや劣化、ヒビ割れなどの為に外壁塗装をしなければいけなくなった時は大抵の人がこだわって時間をかけ慎重に選ぶものです。

しかし、あんなに検討して選んだはずの色が塗り終えると思っていたのとは違う!なんて事はよくあるようです。原因は塗料の色見本の小ささにあるかもしれません。同じ色の服でも体の大きな男性と小柄な女性が着るのでは違う色に見えたりします。

また、家の中の電気の明かりで見るのと外の太陽の光で見るのでも全然違います。

北欧風の家に憧れて選んだクリーム色だと思っていた色が塗ってみると奇抜な黄色に見えてショックを受ける女性も多くいるようです。

この問題を解決するには、幾つかありますが基本的に色見本帳は実際に外に出て太陽の光の下で見ること、小さなものではなく出来るだけ大きなものを見せてもらうことも効果的です。

また、実際にその色を使って塗装した家を何件か見に行くことはとても参考になります。悩んでいる幾つかの色を見に行けるなら尚良いかもしれません。

近くに見学出来るような家がない場合でもインターネットや業者さんに頼むと施工例の写真があります。

うちの実家も芦屋・西宮の外壁塗装会社をネットで探したときに、施工例の写真を参考にして新しい壁の色を選びました。

そういった物を活用しつつ、後悔しないオシャレを楽しみたいですよね。