住宅ローンあれこれ

私たちの住居は小さな中古のマンションです。それだけに破格だったため、短い期間での完済が可能でした。

実際、主人の同僚でほぼ同じような状況にあった人は、郊外に一戸建てを購入したところで同様にリストラの危機に遭ったようです。

詳しいことはわからないのですが、せっかく買った家を手放して、遠方の都市部へ職を求めて行った、と聞きました。2人のお子さんも小さかったのに、さぞ大変だろうと察します。

ですが、住宅ローン…この負担を無色の状態で払い続けていくことは、無理だと思うのです。ご時世とは言え、仕方がない成り行きだったのかもしれません。

住宅ローンの代位弁済まで事が進んだ時に事の重大さに気が付いたようでしたから、ご本人の自覚が足りなかった点もあります。

これからローンを組む方に一つ豆知識ですが、ご自身の資力が心配な方は信頼している不動産会社さんにお願いして、あらかじめ仮の事前審査をしてもらうのも手です。

仮の事前審査とは、まだ物件が決まっていなくても、だいたい同じ予算の物件を選び、それを審査に出してみる方法です。賃貸にするか売買にするか迷っている方でも審査が出来るちょっとした裏ワザです。

これにより、家を買うと決まっていなくても、自分の資力がどの程度なのかを知ることが出来ます。そうすれば、いざマイホームを買う直前になってローンが通らない!なんて予想外の悲劇を味わう可能性も減ります。

ただ、それをやってくれるかやってくれないか、そこは不動産会社さんとの信頼関係と、その不動産会社さんと金融機関の関係性によってもまちまちです。もしやってくれそうであれば、試しにお願いしてみるのも良いかもしれません。