固定ページ

バイク便

ローカル誌の編集者に出向して、お手伝いをしたときの話。
その会社は、大学のサークルから始まったサブカルメディアベンチャーで、クーポン協賛費が主な収入源でした。

行ってみて驚いたのですが、これがとにかく「スピード勝負」。

協賛店舗のキャンペーンに合わせて毎週発行している雑誌は、渋谷、新宿の無料案内所やコンビニに設置されているフリーペーパー棚に置かれるのですが、この並びが着順なので同じ日に発行されるものより早く配達に回さなくてはいけません。

2か所ある事務所と印刷所、現像所の資料の受け渡しは、全部バイク便で数時間以内に済ませていました。

営業書にはバイク便の一覧表が貼ってあって、どうしてこんなものを用意しているのかと聞きました。

都内のバイク便でも、区によって料金が違う為、渋谷、新宿が一番安いバイク便でなくてはいけません。

それで、出発地点のすぐ近くにある業者に頼むのだそうです。

あとは、その中でもドライバーが都内の道を知り尽くしていることも重要な要素で、一度ここだと思ったバイク便にはたくさんの依頼をすると言っていました。

私は、郊外に自分の事務所を構えているので、同じ市内なら軽自動車で配達したほうが早いという認識でしたが、都内を仕事で運転してみるとまったく時間通りに移動できません。

渋滞の足止めがあまりにも多いので、これはバイクや自転車が早いだろうなと納得しました。