ハム

携帯電話が普及しだた90年代中頃から、ハム(アマチュア無線)についての話題はめっきり聞かなくなった。

私の子供の頃は、携帯電ははなかったので数万円で購入できるCB無線を購入して、学校の友達と夜な夜な会話したり、大人たちから為になる話を聞いたり、無線で知り合った人とオフ会のようなものを開いて楽しんだりしていた。

その後、アマチュア無線の免許を取り新たに無線機を購入して、今まで以上に広範囲の人と無線で会話を楽しんだ。
無線機を最後に使ったのは、10年ほど前になる。

会社の部署のメンバーで3台の車に分譲して海に遊びに行くことになり、その際に連絡用として車に小型の無線機を設置した。
携帯電話でも連絡を取り合えるけど電話番号を入力する必要があるし、通話料もかかる。
無線なら電源を入れっぱなしで無料で使えるので重宝する。

タクシーや警察・消防などの業務用では、まだまだ無線機が活用されているようだけど、個人で無線を楽しんでいる人はどれくらいいるのか。

2011年3月の東日本大震災の時に、携帯電話が繋がりづらくなり無線機が役に立ったなんて言うニュースを見かけた。
確かに無線機なら携帯電話と違い中継する基地局が必要ないから連絡手段として有効だと思う。

私は、アマチュア無線4級の資格を持っているので、緊急事態に備えて無線機を購入しようと思っているが、現在はアマチュア無線の買取サービスに売ってしまい、手元にない。
小型でも無線機が有れば役に立つことがあると思うので安いものでいいので近々購入しようと思う。