美容韓流おばさんにロックオン

美容のために韓国旅行をする例のパートのおばちゃんに完全にロックオンされてしまいました。

「▲●君、インターネットのホームページ見れるでしょ?ホームページ。」

「は?はあ、見れますけど」とノートパソコンに目をやる。

「そのパソコンで、ホームページ出してほしいのよ。******っているシミを消す化粧品なんだけど、それ振込みで注文できるの?できるなら私の家の住所で買ってほしいんだけど。」

パートのおば様方数人に、完全に囲まれた状態で シミ 消す 化粧品 ***** と検索してみる。

「そうっ!それピュールブランが入ってるやつ…」

「は、はあ、これでいいんですね。住所をここに入れて振込みを選んで」カタカタ…

すると後ろのおばちゃんが「じゃさ、ケミカルピーリングの薬って買える?ねえ?次それ探してね。いい?」

ちょ!これ全員分探すの?

「ケミカルって危ないのよ?」素人がやるとかえってシミがひどくなるって言ってたわよ」

「あらそう。じゃあ、今蹴ってるの私の家にも送るようにしておいてくれる?」

は、はい…

美容中毒のアラフォー女性の執念はすさまじい…