カラーコンタクト

お手軽な盛りファッションアイテムとして人気のカラコンは、一応医療器具の位置づけなので装用時の注意点というのがあります。

正式名称「美容用虹彩付カラーコンタクトレンズ(以下カラーレンズと記載)」は、角膜白斑や無虹彩の眼へのメディカルユースとして用いられるほかに、健常な眼であっても虹彩色を変えるというファッションのひとつとして安易に用いられることが多くなってきました。

レンズの構造上の特徴として、着色部分の酸素透過性が低下することが挙げられますが、使用用途が虹彩色を変えてファッションを楽しむという特徴のため、カラーレンズを外した時の顔の印象が装着時と変化してしまうことを考えてどうしても長時間装用をしてしまいがちです。

カラーレンズにも、レンズ自体の酸素透過性を上げる工夫はなされているものが多いですが、一般的なソフトコンタクトレンズと比較すると酸素透過性が高くなる傾向があるため、なるべく短時間の使用にとどめるべきです。

また、ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズと比較してレンズに水分を多く含む特徴から、汚れやすくタンパクなども付着しやすい傾向にあります。

それにもまして、カラーレンズは着色部分に汚れが特に付着しやすい種類のものも多く、ケアには注意が必要です。

レンズの特徴上、普段は通常のソフトコンタクトレンズを使用して必要なときのみカラーレンズを使用するような方も多いと思われますが、使用しないときでも保存液はこまめに変えるなど、適切なケアが重要です。

正しく使用すれば、カラーレンズも通常のコンタクトレンズと同様に安全に使用することが可能です。

大切なことは、短所をよく理解し、適切な装用時間を守りケアをしっかり行うこと、そして眼科医の定期検診をしっかり受けることです。